底抜けブラックバス汁

アクセスカウンタ

zoom RSS その2 規制の話など、米プラザとマリーナ

<<   作成日時 : 2006/09/14 03:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

終了間際、ギル研究している県立大の方が立ち寄ってくれました。
水質も良く在来魚がまだ多いといわれている北湖でのギル調査の論文など頂きました。
感謝。(難しいけど・・・・)
「潜り2世」のさわやかお兄さんでした。ヨゴレのNET駆除派とは別格です(w
画像

北でも産卵礁は増えているとのこと。やっぱギルに制圧されちゃうのかなぁ・・・

釣り大会終了と同時に雨に見舞われたので、高田氏にご挨拶。
米プラザに向かいます。
久しぶりの湖岸の道すがらの印象は、いちだんと「バス釣り色」が薄まったのかな、と。
看板が更に減った感じ。
しかし、湖面ではエリ直撃バスボートが相変わらず。

それよりも酷かったのが「ジェットスキー」と「ウエイクボード」の傍若無人ぶり。
まだ泳げる気温と水温であったためか、朝からいたるところに出現。暴走族がそうであるように
「人の目のある場所」を選んで爆走するわけです。
「漏れってカコイイ?」とばかりに。
通過するたびに引き波がやってくる。

米プラザの隣に有名なマリーナがあるようで、カフェテリアの窓から見える湖面の風景を
頻繁に「エンジン付き各種ボート」が通過するわけです。
控えめにウインドサーフィンしてる真横を爆音で通過。ウインドのひと転倒、とか・・・・・
規制も有名無実で、ジェットに至っては免許が緩和されたとのこと。ヤマハのロビー活動で。

嘉田知事就任で取りざたされている「レジャー税」「レンジャー制」の一刻も早い導入が待たれます。
現状でも取り締まりは可能な「制度」ではあるんだそうですが、何故か及び腰。
そりゃあ無いだろ。と、強く感じた次第。

「規制罰則強化では解決しない」との意見もあるんですが、モラルマナーのレベルで解決できないので
あれば、取締強化がどうしても必要になると思います。

暴走族、飲酒運転に「取締強化」を求める世論があるのなら、この湖面の現状も一緒です。
「ボート利用者」の気持ちを配慮する必要は無いと思いますが。



おりしも、「河口湖ワーム禁止」に向けての動きのニュースが飛び込んできました。
米プラザで「琵琶湖ワーム禁止、どうよ」という話題も出てたもんで、タイムリーだな、と。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
muzoboz1519
a_Ya__a_&&_&a__a_Ta_ra_&a,^a,_a_-a__a_S&~a_,a_-a__a_Ta_, ...続きを見る
muzoboz1519
2007/02/28 04:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 あの論文の興味深いところの一つは、コロニーの大きさが天敵の多い原産地よりも小さいというところです。コロニーでは、外縁にある産卵床よりも、中心部のものの方が、卵が他の生物に食べられる危険が減るわけです。天敵が多いと、繁殖の為には大きなコロニーの方が有利です。しかし、天敵が少ないと小さなコロニーでも十分に繁殖できるわけです。琵琶湖のコロニーが小さいということは、琵琶湖は原産地よりも住みよいというわけですね。
 在来魚などを増やせば、原産地程度まどとはいかないまでも、ブルーギルを減らす効果が現れるかもしれません。しかし、雑談会でもお話したように、昔は在来魚の大産卵場であった湖東地域には、湖岸と水田地帯を仕切る水門があります。この水門と排水機場のおかげで、田圃に大型機械が入れるようになったわけです。魚道は、基本的に水位の低いところから高いところへの移動手段ですから、これを改善するのはとても難しいかもしれません。
794@前スレ
2006/09/14 22:04
>ブラ汁さん
お疲れ様でした。
また成長した姿を見せて下さい(笑)
ルアー投げている姿は、まんまバサーですよ。

エリ直撃は昔より減りましたが、まだ居ますね。
意外と知らない人もいるようなので、この辺はもっとバス利用者は徹底しなければなりません。今ちゃんとしておかないと、また同じ道を歩むことに。

>前スレさん

お疲れ様でした。

昔、宇治川の脇の水田で小物釣りを何回かしたことがあります。エサは赤虫です。
結構、色んな種類の魚がいて意外でした。
水田と川は段差があるので上がっては来られないと思います。
水田にも流れが急なところと、そうでないところがあって、魚がいるところは、流れが緩いところでした。雨が降れば流されそうなのですが、どこかに魚を供給するところがあるのでしょうね。
アクセル
2006/09/15 17:31
ブラ汁さん、前スレさん、皆さん、当日は突然の訪問の上、混ぜていただきありがとうございました。
北ではギルの産卵が2週間ほど前に終わったばかり。産卵期は長いです。北には南で見られなくなった在来種もそこそこいるので、何かのキッカケで逆襲(?)が起こらないかな、と期待しているんですがね…。
前スレさん、北湖のコロニーが原産地比で小さめなのは、地形的制約もあるかもしれません。傾斜地が多いので。当日の雑談にも出ていたように、南湖は浅くて平らなので、北米に匹敵するとんでもない規模のコロニーがあるかもしれません。それと湖東地方の水門ですが、干拓地は確かにそのとおりですね。干拓地でないところ(そんなに無いですが。残存内湖との連絡水路など)では水門は通常は開いています。そのかわり落差が大きく、水路から田んぼへ魚が遡上できません。魚道をつける取り組みも始まっているので、これから改善に向かうかもしれません。
真水ダイバー
2006/09/16 15:42
>>アクセルさん
 お疲れ様でした。
 昔、宇治川で釣りしてたときは近所の釣具屋さんでガの幼虫が餌に売ってましたよ。蓬の虫だったかな?今年は具合が悪いようですが、長らく足を運んでいないのでわかりません。

>>真水ダイバーさん
 お疲れ様でした。
 分冊をロハで頂いて恐縮です。ゲラ刷りチェックして、分冊の必要数を申し込んで。。。ジャーナールで掲載が決まったら今でもそうなんでしょうか。ご苦労様です。コロニーの大きさは地形の影響ですか。確かに。南湖に巨大コロニー、、、例えば、霞ヶ浦と比較するのも面白いかもしれませんね。水田魚道は広まるといいですね。
794@前スレ
2006/09/16 23:32
掲載手続きは、その通りです。そこまで行けば大丈夫で、むしろ大変なのはそれまでの過程です…。南湖のコロニー、一度調べたいのですが、あれだけ船が多いと流血の事態になりそうで。。。
真水ダイバー
2006/09/17 15:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
その2 規制の話など、米プラザとマリーナ 底抜けブラックバス汁/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる